ひらやだてプラス

使いやすく、暮らしやすい平屋建てに、多目的な使い方ができる小屋裏部屋をプラスしました。
急勾配の屋根で、外観にも大きな存在感があります。
少人数の家族構成が増えた今日、熟年世代のみならず、若い世代にも支持されている、新しい住まいのかたちです。

平屋建ての魅力を存分に生かす

基本的な生活空間は1階に配置し、平屋としての住まいやすさを重視。そして趣味室や予備部屋を小屋裏に設けることで、ゆとりある住まいが実現します。

機能的な小屋裏

収納スペース、書斎や子供部屋、隠れ家的なスペースなど、様々な使い方ができる小屋裏部屋をプラスすることで、空間だけでなく生活にも余裕が生まれます。小屋裏は、勾配屋根のスペース内で、自由にプラニングでき、勾配天井や、その延長で続くロフトなど、様々にアレンジも可能です。

平屋建ての割高感を解消

同じ面積の平屋建てと2階建ての建築コストを比べると、平屋建ての方が基礎と屋根の工事面積が大きくなるため、割高になります。また広い敷地も必要となります。居室の一部を小屋裏に配置することで、平屋に比べ建築費の割高感を抑えることができます。

安心の骨太構造

土台と柱は、すべて桧4寸角を使用。玉川ハウジングの誇る骨太構造で、安心の住まいです。

おすすめの記事

  1. 2018.07.20

    千葉の防音室
  2. 2018.06.6

    千葉寺の家
  3. 2018.05.27

    防音小屋完成
  4. 2018.04.21

    塗壁と桧の家

施工事例一覧

最近の記事

  1. 2018.07.20

    千葉の防音室
  2. 2018.07.10

    半分青い
PAGE TOP