昭和のアイドル逝く

西城秀樹さんの突然の訃報。特別にファンだったというわけではないですが、我々が小学時代のアイドルといえば、百恵ちゃんやヒデキだったのは言うまでもありません。特に、西城秀樹さんは格好良かった!歌が上手くて、シャウトしてもマイクスタンド回しても格好良くて・・・ドラムも叩いていましたよね。その後の日本のロック界は大きな影響を受けたんではないでしょうか。最近は行かないですが、カラオケで一番盛り上がる曲は「YMCA」でしたし。一番好きな歌は「獅子の時代」。サビの「かーぜーよ、なぶるな~」はたまに口づさむほど脳裏にやきついています。昭和世代を象徴するアイドルの死は寂しいものです・・・。ご冥福をお祈りいたします。

話は変わりますが、CMでドリフのお三方(加藤・仲本・高木)がタライ落としをしているのを見て、元気づけられてもいます。(これ、CGじゃないとのこと)。プロ根性が凄い!85歳(高木ブーさん)にして頭でタライを受けられるのは、もうドリフの人たちぐらいですよね。「8時だよ、全員集合!」が懐かしいですいつまでもお元気で。

関連記事

おすすめの記事

  1. 2018.07.20

    千葉の防音室
  2. 2018.06.6

    千葉寺の家
  3. 2018.05.27

    防音小屋完成
  4. 2018.04.21

    塗壁と桧の家

施工事例一覧

最近の記事

  1. 2018.07.20

    千葉の防音室
  2. 2018.07.10

    半分青い
PAGE TOP